バスタンク-野池ブラックバス釣行記

トップ   サイトマップ   野池一覧   釣り入門   自作ルアー   ブログ   掲示板   お問い合わせ  


2007年08月20日

野池を大切にすれば主に会える!!

20070820.JPG
 私は、釣り場でゴミを捨てません。絶対にです。
 理由は、ゴミを釣り場に捨ててしまえば、いいバスに出会えることは決してないと考えているからです。目に入ってくるゴミはできる限り拾って持ち帰るようにしています。特に、もつれた糸などは必ず。
 野池にはそれぞれ神様や主みたいなものが存在していて、もしゴミを放置すればたちまち怒ってしまい、いいバスから遠ざかってしまうのではと思っています。野池を綺麗に保つよう努めていれば、主や自然は、私にご褒美をくれそうで…。もちろん、ゴミをいつも持ち帰るようにしていても、望む釣果が出ないときは多々ありますが。
 何より、釣り場で平気でゴミを捨てていく人間に、強い憤りを感じます。プラグのケースやワームの袋、使えなくなったルアー類など、明らかにバス釣りをする人が捨てていったゴミが、どの釣り場でも目につきます。許せません。ゴミを放置していくバサーは、バス釣りをする資格などないと思いますし、いいバスに出会えるとも思えません。また、放置したゴミのせいで、野池の状態、野鳥や魚の生態にも悪影響を与えかねません。そして、最悪その野池での釣りは「禁止」となってしまうかもしれません。
 この文章を見て、賛同いただける方がいらっしゃるなら、是非心に留めておいていただければと思います。
 全くバスの反応がないとき、少しロッドをおいて付近のゴミ拾いをしてみる…。そうすれば、たちまち主のようなブラックバスに出会えるかもしれません!
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ

2007年08月19日

連日のビックバス!!

20070819.JPG

 本日も、夏休み帰省中の友人と釣行(釣行記作成中)に出かけました。場所は、野池(野池02)です。この野池は何度か釣行したことがあり、魚影が非常に濃く、サイズもなかなか(アベレージ25cm)。しかも、50cmUPも出ると聞いたことがあったので、友人を招待するのにふさわしいと思い選択しました。
 到着してみると、最近の天候のせいで池は大きく減水しており、カバー下は丸見え状態でした。
 釣行開始直後、入れ食い状態になり、35cmUPも出ました!しかし…途中天候が大きく崩れだし(後で確認すると大雨雷洪水警報発令中だったようです)、何度か雨宿りする破目に。
 そして、なんとか天候が回復した18時過ぎ。昨日に引き続き、ビックベイトを投入!すると、19時過ぎ…再びあの光景が。『ギュボンッ』。シャローエリアでドッグウォークさせていたビックベイトが、水中に消されたと同時にすさまじいファイト!
 現れたのは、連日のビックバス(51cm)!!なんと、ビックベイトのフックの一本が完全に曲げられていました。恐ろしいアゴの力…。
 子バス連発の状況の中、ビックバスを引き寄せる「ビックベイト」。楽しすぎました!!
 そして、昨日と本日、釣行を共にした友人は、東北へと帰っていきました。私も、明日は鳥取出張です。はぁ、仕事がバスフィッシングだったらなー。

posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ブログ

2007年08月18日

とうとうビックベイトで…!!

20070818.JPG
 とうとうやりました!ビックベイトで、でかバス(49cm)キャッチです!!ビックベイトでのキャッチは人生初!
 信頼のある野池(野池30)にて、帰省中の友人と日没間近に釣行していました。この野池に、でかバスが潜んでいることは明らかだったので、ビックベイトを頻用し、モンスターが現れるのを待っていました。
 完全に日が落ちかけた19時過ぎ…木の枝が絡んだ岸際付近で、ビックベイトをテンポ良くドッグウォークさせ、その体が右から左に切り替えされた瞬間っ!!
 『ギュボンッ!!!』と大きな音と波紋と共に、ロッドが大きく曲がり、大きな重量と引きを感じました!
そして、極上のファイトの後現れたのは、とても綺麗で大きな魚体でした。過去に、「ジャバロン」で同サイズを逃しているだけに、さらに嬉しい一匹でした!
 ビックベイトの横っ腹からガブリといったのでしょう…きれいにフックが下あごに突き刺さっていました。このサイズのルアーは、やはりトリプルフックがいいのかも…(ジャバロンではオフセットだった)。確実なフッキングが可能のようです。
 とにかく、人生初のビックベイトでのバスキャッチ!しかも、良型。最高の経験でした!ビックベイトの虜になってしまうかも…。
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2007年08月17日

バスフィッシング勉強中!!

20070817.JPG
 釣行記サイト開設にあたり、バスフィッシングを再勉強し始めました。
 私がバスフィッシングを始めたのは、小学生の頃。当時は、近所の野池や川に向かい、1,000円のクランクベイト(小学生にとっては非常に高価)を大切に大切にキャストしていました。また、ゲーリーグラブの爆釣ぶりに感動していました。
 バス雑誌も読み漁りました。大好きだったのは「BASSER」という雑誌です(今もあるのかな…)。また、週1回の「釣りロマン」がバスフィッシング特集だった時は、どんな映画を見るよりもワクワクしたのを覚えています。
 その後、進学校、大学へ進学し、釣りからは遠ざかり…バスフィッシングの知識も薄れていきました。
 社会人になり、再びバス釣りに目覚め…サイトを立ち上げ。しかし、わからないバス釣り用語やタックル名が、現バス界には数知れず…。サイトを立ち上げた以上、やはり、それなりに勉強しなくては!
 運よく、実家には同じく釣り好きの父がスカパーのフィッシングチャンネルを見ています。実家に帰ったときは、その中のバス釣り番組を見たり、雑誌を読んだりして勉強しています。
 でも、一番の勉強は、「実釣」だと思います。実際に野池や川に向かい、自分のスタイルで釣りをする。これに限ります!人の真似事は確かに勉強にはなります。ただ、自分なりに考えて手にする一匹の感動は、なにものにも代えられません。
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2007年08月13日

ブラックバスのイッカ!!

20070813.JPG
 7日間のお盆休みをもらい、野池めぐり釣り三昧の日々を送っています。
 今日も実家近くの野池(釣行記作成中)へ釣行に出かけました。釣果は、子バス(MAX30cm)ばかり22匹!強風の中、数釣りを楽しみました。
 そして、19匹目と20匹目は…なんと、「イッカ(同じリグで同時に2匹)」で!!しかも、普通のワッキーリグ用フック。プラグ使用時には、何度か経験がありましたが、これはさすがに人生初の経験でした。
 今週末からは、再び仕事…。今のうちにしっかりと、釣り溜めしておこうと思います。
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ