バスタンク-野池ブラックバス釣行記

トップ   サイトマップ   野池一覧   釣り入門   自作ルアー   ブログ   掲示板   お問い合わせ  


2008年12月17日

今年最も嬉しい50cmUP出現&12月野池ブラックバス釣行!!

20081217-1.jpg20081217-2.jpg20081217-3.jpg
20081217-4.JPG20081217-5.JPG

 12月野池ブラックバス釣行の報告です。最高気温10数℃、水温8℃前後、なんとかなんとか一本キャッチできました。しかも、理想的な50cmUPが出現、今年の釣行で最も嬉しい一本となりました。

 
 昨日(16日)代休を頂き、向かったのは今シーズン新たに開拓した山池です。急深でリザーバーに近い形状のフィールド、規模は全周1kmほどです。この日、水温は8℃前後。シャロー部では9℃を越える場所もありました。
 
 実は、先週土曜(13日)に同じフィールドで、丸一日ボウズという結果に終わっていました。…その前の山上湖での釣行をカウントすると、2連続ボウズです(T-T)
 
 3度目の正直!!…このままバスを手にせずに年を越せるかっ!!と奮い立ち、フィールドへ…。しかし…。水温は安定傾向にありましたが、土曜日より水の濁りは強く、状況は非常に厳しいものがありました。
 
 当然のごとく、朝〜日中にバイトはなし。ジグやフロリダリグでショアラインの全てを打ち込み、あるいは、バイブレーションやクランク、スピナーベイトでディープも含めリアクションを狙っていきましたが…全て惨敗。「今日もボウズか…」そして、夕刻を迎え、タイムアップが目前となっていました。
 
 「ローライト時」、「水温が高めのシャロー」。完全に無となった私は、この二点を信じ、普段ほとんど手にすることの無いサスペンドシャッドを撃っていました…そして、午後5時前…ようやく出てくれました(^^!)
 
 今シーズンで、最も嬉しい一本でした。いや、バス釣りを始めて一番嬉しい一本だったかもしれません。何度、池の上で吠えたでしょう。付近を通る人は、「この薄暗い中、池から異常な叫び声がする…通報する?」と会話していたに違いありません。しかし、溢れる感情は抑えられませんでした。
 
 苦しんで苦しんで苦しんでの一本。寒くなってきた時期ならば、その感動はなおさらです。これで気持ち良く納竿、年越しができそうです。
 
 絶対に間違いありません。
 
 バス釣りは最高に楽しいです(^-^)
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | ブログ