バスタンク-野池ブラックバス釣行記

トップ   サイトマップ   野池一覧   釣り入門   自作ルアー   ブログ   掲示板   お問い合わせ  


2008年12月25日

2008年あとがき(basstank-野池ブラックバス釣行記)

※2008年あとがき

    今年も、basstank-野池ブラックバス釣行記をご覧いただき、本当にありがとうございました。2008年は、私にとって大変素晴らしい年であったと思っております。特に、このサイトへ訪れていただく方々のご意見が、昨年よりもさらに多くなったことが、何より嬉しく思っております。重ねて申し上げますが、サイトをご覧くださる皆様、本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
   さて、今シーズンの釣行についてですが、私自身としてはあまり高い得点をつけることができません。お気付きの方もいらっしゃると思いますが、今年の野池釣行において、「新規開拓野池」というものが、昨年より激減しております。さらに、釣行回数自体も減少傾向にあります。しかし、バス釣りに対するモチベーションが低下した訳では、決してありません。
   少々聞き苦しいかもしれませんが、言い訳をさせていただきますと…大きな原因といたしましては、「個人的な事情」があります。それは、主に「仕事」です。本年度から、休日があまり取れない役職に就きまして、週末の釣行が昨年より困難になってしまいました。そのため、ようやく取れた休日では、「開拓釣行」という挑戦よりも、楽しい釣りというものを選んでしまっていました。そして、結局向かうフィールドと言えば、過去に実績がある場所、ある程度の釣果が約束された場所へ限定されつつありました。今年、向かったフィールドのほとんどで40cm以上のバスを手にできたのは、その守りのフィールド選びという要素が、非常に大きく影響しているものと考えられます。
   実は、この点については深く反省しています。それは、このような守りの釣りは、このサイトを立ち上げた当初からご覧いただいている方々への裏切りに等しい行為であり、この釣行記サイトの理念自体へも反してしまう行為だと自覚しているからです。本当に反省しています。申し訳ありません。
   「野池を、自力で探しだす。そして、自ら見つけた野池でバスに出会う。自分だけの野池だという錯覚に陥る。」…この楽しさと素晴らしさを伝えたい。究極を言えば、前人未到の秘境野池で、未知の領域のバスと出会う、そのロマンを伝えたい。根本にはその思いから、このサイトを立ち上げたことを記憶しています。
   迫る2009年、来シーズンの釣行では、この思いをできるだけ実現していきたいと決意しています。また同時に、ゴミ拾い等、バスフィッシングが抱える諸問題へも言及し続けていく覚悟です。

   本年も本当にありがとうございました。また、サイトの更新頻度不足等、様々なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申しあげます。大変申し訳ありませんでした。お許しいただけるならば今後とも、サイトともども暖かく見守っていただければと思います。それでは、よいお年を。

basstank管理人

posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

この記事へのコメント
いつも楽しく見させていただきました。野池攻略のヒントにさせてもらってます。今後も楽しみにしておりますのでよろしくお願いします。
Posted by 野池で50UP釣りたい! at 2008年12月27日 13:00
野池で50UP釣りたい!さん、初めまして。コメント、本当にありがとうございます。

来年も、このサイトをご覧くださる皆様に楽しんでもらえるような釣行ができればと思っています。

精一杯頑張りますので、どうか暖かい目で見てやってください。

また、野池で50UP釣りたい!さんのレポート等、もしよろしければ、お寄せいただけると大変嬉しく思います。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by basstank管理人 at 2008年12月29日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24759558

この記事へのトラックバック