バスタンク-野池ブラックバス釣行記

トップ   サイトマップ   野池一覧   釣り入門   自作ルアー   ブログ   掲示板   お問い合わせ  


2008年05月26日

自作ビッグベイト、45cmUPキャッチ&その他自作ルアー試釣!!

20080527-1.JPG20080527-2.JPG20080527-3.JPG20080527-4.JPG
20080527-5.JPG20080527-6.JPG20080527-7.JPG20080527-8.JPG
20080527-9.JPG20080527-10.JPG20080527-11.JPG20080527-12.JPG

 先週末釣行の報告です。日曜日、自作ビッグベイトにて、45cmUP極上バスをキャッチすることができました。また、その他クランク類の自作ルアーも試釣してきました。

 日曜日(25日)、午前中の仕事を終え、向かったのは内陸部にある大規模野池です。到着したのは、午後3時頃。野池の状態は、水温22度、そして、昨日からの雨のせいか濁りがかなり入っていました。

 水温22度ということで、夏パターンを意識した釣りから始めました…が、クランク系の反応は鈍く、自作クランクの華々しいデビューとはいきませんでした(T-T)

 それでも、底を丹念に攻めてみると、ほぼ入れ食い状態。40cm前後のバスが、どんどんラバージグへアタックしてきました。

 そして…とうとう、自作ビッグベイト3号に、45cmUPがヒットしました!

 バイトは、すぐ足元でした。スローリトリーブで寄せてきたビッグベイトを、足元1mほどのところでストップ。すると、すっとその直下へバスが現れました。

 アクションさせるにはもう距離がない。どうする?バスは、じっとビッグベイトを睨んでいました。そこで、ほんの少ししゃくってやると…バスが喰い気を見せたので、すぐにポーズを入れました。


 『ババシャン!!』


 トップで激しいバイトでした。その後のファイトは、一瞬。マグロの一本釣りのように水面からブッコ抜きました(^^!)


 勢いでフックが外れたバスを、持ち上げると…非常に良い感じで太っている、ナイスサイズでした(^^)そして、この自作ビッグベイトを、完全にベイトだと認識してからバイトの一本。本当に嬉しい、大満足の一本です。

 その後、さらにビッグベイトで、ビッグベイトと同じくらいのサイズを追加…少し虚しい瞬間でしたが、このビッグベイトが十分に戦力になることを検証できて、ほっとしました。

 タンクベイト003動画(wmv形式:10秒、1.2MB)

 ビッグベイト、そして、自作ルアー…それらの魅力にどっぷりとハマリつつあります。これからも、自分の作ったルアーで、ブラックバスとできるだけ多く出会っていきたいと思います(^-^!)
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

2008年05月21日

日曜日釣行&ライトリグにて50cmUPキャッチ!!

20080521-1.JPG20080522-5.JPG
20080522-3.JPG20080522-4.JPG20080522-2.JPG

20080522-6.JPG20080522-8.JPG
20080522-7.JPG20080522-9.JPG


 日曜日(18日)の釣行報告です。土曜日に引き続き、50cmUPをキャッチすることができました。今度はライトリグでのキャッチ、嬉しい一本です。

 
 日曜日、向かったのは信頼の大規模野池。こちらも大人気フィールドで、某人気釣り番組でも取材が行われたことのある場所です。
 
 この日、フィールドの状況は平均水温18℃、水質クリアというもの。アフターの厳しい釣りが予想されたのですが…
 
 産卵前?2回目?太っているだけ?回復後?というような、理解に苦しむメタボ50cmをキャッチすることができました。
 
 お腹とおしりの様子を見ると、産卵前のバスだと思われました。が、水温18℃。しかも、取り込み寸前に、同サイズのバスが2〜3匹もチェイスしてきました。ということは、やはり回復後のバスでしょうか…。
 
 では、アフター攻略成功でしょうか(^^!)とにかく、大満足の一本でした。
 
 そして、改めて思うのは、ライトタックルで手にするバスも…最高に楽しいということです(ロッド:スカイマスター、リール:2500s、ライン:3lb)。
 
 あの緊張感のあるファイトは、ベイトロッドの存在を忘れさせてくれます。
 
 さらに、この日は反応が非常に良く、元気な40cmUPもキャッチすることができました。こちらのバスは、バイト直後のライズでそのサイズを確認していたのですが、そのファイトはとても凄まじいものでした。ドラグ機能を無視するかのようなファイトに、日曜日の午後、幸せな気分になりました(^^)
 
 そして、午後3時過ぎ、早めにタイムアップ。今シーズンの運を全て使い果たしたような、週末釣行となりました(^-^)
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ

2008年05月18日

ビッグベイトで55cmUPキャッチ&初フィールドのリザーバーにて!!

20080518-1.JPG20080518-2.JPG20080518-3.JPG20080518-4.JPG
20080518-5.JPG20080518-6.JPG20080518-7.JPG20080812-8.JPG


 週末釣行報告です。昨日土曜日、久しぶりのまったり釣行。初フィールドのリザーバーにて、苦しみながらも、55cmUPをキャッチです。

 
 土曜日、向かったのは、他県からもバサーが訪れる有名リザーバーです。私にとっては初のフィールドとなりました。
 
 水温は今シーズン初の20℃超え。アフターのバスをどう攻略していくか…。広大なフィールドを前に選択したのは、スピナーベイト、クランクベイト、S字系ビッグベイト等でした。
 
 当初、子バスの反応が多く、好釣果が期待されました…しかし、40cm以上のバスの反応は皆無。静かな、まったりとした時間だけが流れていきました。
 
 そして、午後4時過ぎ。その時はやってきました。
 
 投げていたルアーは、大好きなビッグベイト(今回もメガバス:IT−JACK:イワナカラー)です。
 
 バイトは、トップではありませんでしたが、サイトで確認できるものでした。(チェイス確認後、ポーズを入れた直後にバイト)そして、すさまじいファイトの後、今年初、ビッグベイトでの55cmUPキャッチとなりました(^-^)
 
 産卵後にしては少しお腹の膨らみがしっかりしており、尾びれとおしりの様子から、アフターから回復したバスというよりは、二回目の産卵を控えているバスではないかと思われました…。
 
 このフィールドには、まだまだ大物が潜んでいるようです。バックウォーターには、いい感じのシャローエリアを多数確認することもできました。


 このリザーバーの次回釣行は、真夏の中、トップゲームを楽しみたいと思います!

 
 そして、本日日曜日も…今度は大規模野池で、いいサイズが出ました!報告は、後日の投稿で(^^!)
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

2008年05月12日

おかげ様で、「basstank-野池ブラックバス釣行記」、野池100達成!!

20080512.JPG


 おかげ様で、「basstank-野池ブラックバス釣行記」、野池100を達成いたしました!!これも、サイトをご覧くださる皆様の励ましのおかげです。本当に、ありがとうございます!!

 
 basstankを立ち上げて、ちょうど丸一年。少しずつ更新してきた野池釣行も、気付けば…野池100。ただの釣り好き、自己満足では、ここまで到達することはできませんでした。全ては、サイトをご覧くださる方々がいてくれたからだと思っております。
 
 小5から本格的に始めたバス釣りも、大学時代では離れてしまいましたが、社会人になり再び夢中になりました。そして、バス釣りの釣行記サイトを立ち上げ、自身の釣行を報告することで、何か皆さんの役に立てばという思いを持ちながら、精一杯更新してきました。
 
 また、サイトを管理していく上で、いろいろなご意見も多く頂きました。中には、厳しいお言葉を頂いたこともあります。それでも、「このサイトをきっかけにバス釣りを始めました」、「一緒に釣行できたらいいですね」という嬉しいお言葉、そして、日々回って行くアクセスカウンタ…全てが励みになりました。
 
 特に、嬉しいお言葉は、「釣り場のゴミ問題については、basstank管理人と同じ考えです」というものでした。このサイトが、バサーのゴミ放置に対する問題に少しでも貢献できるなら、これほど重要な存在意義はないと思っています。これからも、バサーのゴミ放置については言及し続けていきたいと思います。
 
 今後も、サイトの内容や更新頻度など、多々至らぬ点があるかと思います。どうか、暖かい目で見守っていただければと思います。また、サイトの内容について、何かご意見、ご提案等があれば、是非お問い合わせいただきたいと思います。
 
 これからも、皆さんの励ましを頂きながら、更新を続けていきたいと思います。
 
 野池100、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
 
 basstank管理人
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ

2008年05月08日

GW釣行報告その2&今年初ビッグベイトでナイスサイズキャッチ!!

20080508-1.JPG20080508-2.JPG20080508-3.JPG

20080508-4.JPG20080508-5.JPG20080508-6.JPG
20080508-7.JPG20080508-8.JPG20080508-9.JPG


 GW釣行報告のその2です。6日、GW最終日は、日中は渓流へ、夕方から野池へという一日でした。そして、特に夕方でのバス釣りでは、とうとう今年初、ビッグベイトにてナイスサイズをキャッチすることができました。

 
 まずは、日中の釣行ですが、釣行というよりは小旅行となりました。
 
 友人を含めた計4人で、実家から車で50分ほどの渓流へ向かい、ヤマメを狙いつつ、川辺でバーベキューをしました。ヤマメを極小スプーンで狙ったり、釣ったヤマメをその場で焼いて食べたり…GWの過ごし方としてはこれ以上ない、幸せな時間を過ごすことができました(^^)
 
 そして、午後4時半頃から、別の友人と二人で野池へ…。
 
 十分な時間はありませんでしたが、今年初、ビッグベイトでバスをキャッチすることができました!しかも、良型でした(^-^!) (ロッド:ティムコ フェンウィック ELT-73CXHJ リール:シマノ カルカッタコンクエスト200  ライン:フロロ16ld  ルアー:IT−JACKイワナカラー)
 バイトは、50mほど遠投したビッグベイトを、水面直下の表層引きしていたときでした。5mほど寄せたところで、引っ手繰るような強烈なバイト!そして、水中を抉り合うような凄まじいファイトを楽しみました。次は、自作ビッグベイトで獲れるよう頑張りたいと思います…。
 
 今回再度確認したことは…ライトタックルで挑む釣りももちろん楽しいですが、やはり、超ヘビータックルで獲るバスは最高です。個人で楽しむ釣りにおいては、バスの大きさより、キャッチまでに至った過程の方が大切なのかもしれません。
 
 6月号のルアマガで今江氏の語った文面に、「フィネスでボコボコ釣っている横で、デカいルアーを投げているのは虚しい、フィネスで勝たれたらやはりカッコイイなと思う」というような内容がありました。それには、強く共感できます。が、自身の信じるスタイルを、今後もトーナメントで貫いてほしいなぁとも思いました。
 
 プロの世界は結果が全て、ということはわかります。しかし、「釣り」という分野においては、結果以外の要因が非常に大きいのではとも感じています。「勝つために自分の好きでもない釣りをする」…これは、少し苦痛かもしれません。
 
 趣味の範囲であれば、「自分の好きな釣りをする」ということが、私には合っているのかもしれません。もちろん、ライトリグも大好きなので、そちらも忘れませんが(^-^)
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ