バスタンク-野池ブラックバス釣行記

トップ   サイトマップ   野池一覧   釣り入門   自作ルアー   ブログ   掲示板   お問い合わせ  


2008年03月07日

ワイルドスタリオン吠えず&今年初のロックフィッシュ、キャッチ!!

20080306-1.JPG20080306-2.JPG20080306-3.JPG
20080306-4.JPG20080306-5.JPG20080306-6.JPG


 仕事帰りに、仕事仲間と釣りに行ってきました。海に…。当初は、シーバス目的でしたが、根魚へ標的を変更。何とか一本、ロックフィッシュをキャッチです!!

 
 向かったのは、職場から一時間ほどの漁港。夕マズメ、地元では有名(?)な外灯付近の人気スポットへ竿を構えました。
 
 タックルは、ワイルドスタリオン&ギア比7ベイト(メタニウムは軽すぎて、ロッドとのバランスが悪過ぎでした。カルカッタのギア7が出てくれれば…)、お気に入り「悟空」のシンキングミノーです。ジャーキング&ただ巻きで、テンポ良く探って行きました。潮の流れも良い感じだったので、大物を期待していたのですが…残念ながら、ノーフィッシュ。そして、ルアーの合間に投げていた、投げ竿へ集中することにしました。
 
 投げ竿にセットした餌は、定番のアオムシ。30号オモリ&天秤、久しぶりのミャク釣りです!
 
 キャスト後、ラインのテンションを維持しながら着底をしっかりと確認。そっとロッドを置き、糸フケを取ってアタリを待つ…
 
 …楽しい!!いつ、ロッドの先端がくい込んで行くか、ドキドキでした(^o^)さあ、何が来るか!!餌釣りの楽しさ、海釣りの楽しさを再確認です。
 
 結果は…15cm強ほどのカサゴをキャッチです!!本日は、これ一本のみでしたが、それでも、今年初のロックフィッシュに大満足です!!
 
 できれば、シーバスもキャッチできれば最高だったのですが(^-^!)野池ブラックバス同様、難しい釣りですが、その楽しさに差は全くありません。
 
 明日、明後日は、渓流と野池へ行く予定です。今年も、いろんな釣りをしながら、自身の腕を磨いていきたいと思います!!
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2008年03月02日

趣味は、バス釣りかあるいは…!?

20080302-1.JPG20080302-2.JPG


 趣味は、バス釣りにすべきか、あるいはボードにするのか…。本日、滑り納めを終え、今シーズンのボードライフを振り返ってみます。

 
 今シーズン、ボードに行った回数は、約15回。12月から、ほぼ毎週末のどちらかを野池、雪山で過ごしました。ボードに行くと、リフト券や交通費、食事等含め、計1万円ほどの出費となります。単純計算、15万円の出費です。
 
 『15万』…。
 
 5万円台のタックルが、三つも揃いますね(^-^!)
 
 今シーズンは雪が豊富だったとは言え、人工雪の季節から滑っていては、年毎にそれほど回数の変化はありません。ほぼ毎シーズン、この調子です。
 
 毎年、Aクラスのタックルが三つ…ボードを止めれば、バスフィッシングライフがもっと充実するかもしれません。
 
 ちなみに、バス釣りのタックルに費やすお金は…落ち着いて計算をしたことはありませんが、ボードに費やすお金よりは、明らかに多いでしょう。この費用をボードに回せば、向かうフィールドの範囲が広がるなど、同様にもっと充実するかもしれません。
 
 趣味は、バス釣りかあるいは、ボードか…。本音を言うと、もう体力の限界を感じていまして…そして、スキルの上達も限界を迎えていまして…冬の趣味は、『温泉巡り』にしようかと、本気で友人達と話しています(=-=)
 
 夏場の趣味は、『釣り』で決定なのは間違いありません。一生、竿を振るつもりです。もちろん、お金はかかりますが…。特に、消耗品の多いバスフィッシングでは、お金がかかって仕方がありません。プライスレスということでしょう。日々、釣りのために、仕事をしている、生きているようなものです。
 
 とりあえず、週末土曜は仕事、そして、本日は滑り納め。3月…いよいよ、渓流も解禁の季節ですね!
 
 結局は、来シーズンも斜面を滑っているかもしれませんが、これからは、『釣り』の季節。来週からは、ガンガン、野池を攻めて行きます!!
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

2008年02月24日

西高東低でも、ダム湖と野池ランガン&40cmUP二本、ともにリアクションにて!!

20080224-1.JPG20080224-2.JPG20080224-3.JPG20080224-4.JPG
20080224-5.JPG20080224-6.JPG20080224-7.JPG20080224-8.JPG
20080224-9.JPG20080224-10.JPG20080224-11.JPG20080224-12.JPG


 今週末は、全国的に真冬へ逆戻り。ここ中国地方も西高東低の気圧配置、土曜日から大荒れの天候でした。それでも…ダム湖と野池ランガンにて、何とか冬バスキャッチです!!ともに40UP、冬ド定番のバイブレーション&リアクションバイトでした!!  


 土曜日、まず向かったのは、小規模ダム湖。午前9時ごろ、到着直後は、風が強いのみだったので…出航しました。水温は、『3.8℃』…おぉ〜、とうとう来たか、3℃台(☆-☆)もちろん、この状況でもビッグベイトは、ロッド先端に装備されています!!
 
 しかし、すぐに大きく天候が崩れだし、猛吹雪に…一瞬でフィールド全体が、雪化粧となりました。それは、あまりの強風に、帰港し帰宅準備している時でした(^-^!)良かったです。
 
 帰宅途中、何やら晴れ間が…時刻は正午ごろ。結局、あきらめきれず、次のフィールドへ向かいました。
 
 続いても、同じく小規模ダム湖。このフィールドに到着したころには、天候は再び回復し、風も雪も絶好調となっていました。水温は相変わらず、3℃台。西高東低の時は、釣行には出ないと決心したのですが…もちろん、風と雪でほとんど釣りにならず、数投陸っぱりにてキャストした後、帰宅を再度決心しました。
 
 国道を南下していると、雪も治まり、風も…いやいや、もう今日はしょうがないよ。寒波が来てるんだから。
 
 しょうがないよ…
 
 時刻は午後4時。再々度、フィールドに立っていました。今度は、冬のド鉄板、「減少野池」+「バイブレーション」です!!
 
 本来、リアクションの釣りはあまり得意ではないのですが…野池一周陸っぱりで、40cmUP二本キャッチです(^-^)…セコっと自分でも思いましたが、この風と雪では、食性を狙う釣りは難し過ぎました。何より、何としてもバスを手にしたかったので。
 
 ヒット状況は、どちらもボトムノック直後。整備護岸と、自然底の境目を狙うように心がけつつ、コンクリートと岩を、『ゴンゴン』と叩いている最中でした。
 
 バイブレーションのイレギュラーなアクションを意識しながら、バスの居所も探り・・・寒さを忘れ、冬のバス釣りに、夢中となっていました。
 
 結局、この日は3つのフィールドをランガン…というには及びませんが、本当に何とかバスを手にできてよかったです。
 
 来週末は、3月。もう、春ですね!いよいよ、オンシーズンです(^o^)

posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2008年02月17日

香川県直島の野池下見&地中美術館、家プロジェクト観光!!

20080217-1.JPG20080217-2.JPG
20080217-3.JPG20080217-5.JPG20080217-6.JPG

 香川県直島へ野池の下見へ行ってきました。…といいつつ、結局は直島に魅了され、野池の下見はあまりできず観光の一日となりました(^-^!)すばらしい島です、直島!!
 
 本日は、ボードの予定だったのですが、急遽予定変更。目的地は、瀬戸内海に浮かぶ、直島!!野池の下見も兼ねて、地中美術館と、家プロジェクト観光に決定です!
 
 地中美術館とは、その名の通り、地下に展示スペースを設けた美術館…と思っていたのですが、建築物を始め、その敷地に存在するもの全てが、「アート」だと言いうのです。通路、床、天井、壁、人、光、影、空間…時間。その美術館に訪れる人までをも芸術に変える、今まで体験したことのない本当に素晴らしい美術館でした。
 
 特に、感動したのは「ジェームズ・タレル」という方の作品です。この方の作品には、今まで抱いたことの無い感情を与えられました。感動、悲嘆、恐怖…どれも違う感情でした。一番、近い感情は…「心地良い」でしょうか。よくわかりませんが、今まで行かれたことが無い方には、是非お勧めします!!「地中美術館」!!個人的には、大満足でした(^-^)
 
 続いて、直島の町へ…。直島には、地域全体がアート化され観光名所になっている場所があります。それは、「家プロジェクト」と呼ばれるプロジェクトが行われている直島・本村地区。
 
 家プロジェクトとは、古い家屋を改修して、様々な芸術家達がその家の特徴を取り入れながら、家の空間をそのままアート化するプロジェクトだそうです。本村地区には、その家プロジェクトによりアート化された家屋が、点々とあります。古い町並みに、多くの観光客。思わず通り過ぎてしまいそうな家が、家プロジェクトにより作品化されていました。
 
 そして、家プロジェクト以外にも楽しみが…。それは、民家と同化した「飲食店」です。同じ本村地区には、個性的な飲食店がいくつかありました。これも、民家を利用したと思われる「作品」で、とても雰囲気の良いお店でした。
 
 お勧めは、「まるや」という喫茶店です。ここでは、カレーを頂いたのですが、とてもおいしかったです。豆腐入りのまろやかカレー、最高でした!!
 
 地区全体が作品のような、本村地区…みなさんも一度行かれてはいかがでしょうか(^-^)
 
 そして…もちろん!!野池の下見も忘れていません!!しっかりチェックを入れた野池、ハイシーズンに残してきました(★o★)
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2008年02月16日

先週末報告、野池雪化粧&2バイトながらノーフィッシュ!!

20080216-1.JPG20080216-2.JPG20080216-3.JPG20080216-4.JPG
20080216-5.JPG20080216-6.JPG20080216-7.JPG20080216-8.JPG

 2月中旬、もう真冬は通り過ぎたかと思われましたが、まだまだ雪の季節。野池も雪化粧となりました。先週末、そして本日も、野池釣行を行いましたが、ノーフィッシュ。それでも、はっきりとしたバイトを2回得ることができました。
 
 まず、先週末の報告です。先週末は、土曜日(小規模リザーバー)と月曜日(大規模野池)に釣行へ。特に、土曜日のフィールドでは、雪が積もっており、天候も一日中雪となりました(水温3〜4℃)。
 
 この日は、自作ビッグベイトの試釣も含めていたので、あまり釣果は期待せず…しかし、後半からは本気モード。ポーク&ラバジで、カバーを徹底的に撃って行きました。雪化粧の野池で、寒さを忘れ、カバー奥に滑り込むラバジに、一人集中していました。
 
 結局反応は得られないまま、夕刻を向かえ、何とかバスを手にしたいと思い、選んだリグは…もちろん、フロリダ!!そして、使用後すぐに、反応が!!
 
 小さなワンドのカバーに撃ち込み、ロングポーズ。すると…コンッというバイトがありました(水深2mほど)。すぐに、アワセを入れたのですが…残念ながら、乗らず(-_=)戻ってきたワームを確認すると、フック周りに、深い傷が無数に…。本当に残念でしたが、この季節でも、バスは食性で喰ってくることが確認できてホッとしました。
 
 結局、この日はノーフィッシュ。月曜日に懸けることにしました。
 
 月曜日は、快晴で風も無く、本当に釣りやすい状況でした。高気圧のど真ん中だと予想されましたが…ぽかぽか陽気!そして、やはり、バスは現れてくれました!それは、撃ち始めてすぐの12時半。
 
 3インチファットヤマセンコー(ブラックカラー)をセットした、タンクリグでした。
 
 カバーに撃ち、着底後、ズル引き&ストップ。ラインが張り、弛む様子をゆっくりと楽しんでいました。そして、ラインのテンションを保ったまま、じっとステイさせていると…コンッと綺麗にロッドが弾かれました。すかさず、アワせると…よっし!!完璧!!乗りました(^-^)
 
 もちろん、グッドサイズです。その大きな魚体を確認すると、さらに元気の良い走りを見せてくれました!最高〜と鼻歌を歌いつつ楽しんでいると…プチン!!あまりの元気に、ライン(4ld)がブレイク(T-T)
 
 ドラグをもっと緩めておけば!!もっと走らせてやれば!!…後悔しても、仕切れません。良い勉強になった、これでまたバス釣りがうまくなったといくら考えようとしても、やっぱり悔しかったです。一週間経った今も、悔しいです!!
 
 ということで、本日もバス釣りに行ってきました(別の大規模野池)。結果は…やはり中国地方も例外ではなく、雪と暴風に悩まされ、ノーバイト、ノーフィッシュ。全く釣りになりませんでした。今後、西高東低の天気、間隔の狭い等圧線の言うことには、逆らわないようにします…。
 
 明日は、ボードに行ってきますが、また来週末は野池に繰り出そうと思っています。春はもうすぐそこ!!来週は、なんとかバスを手にしたいと思います。リアクション狙いではありません、食性で喰わせて、釣り上げてみせます!!
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ