バスタンク-野池ブラックバス釣行記

トップ   サイトマップ   野池一覧   釣り入門   自作ルアー   ブログ   掲示板   お問い合わせ  


2007年12月08日

冬のお供にフロリダリグ&48cmグッドバスキャッチ!!

20071208-1.JPG20071208-2.JPG20071208-3.JPG20071208-4.JPG
20071208-5.JPG20071208-6.JPG20071208-7.JPG20071208-8.JPG


 本日、お気に入りの小規模野池へバス釣りに。そして…出ました!!45cmUP(48cm)グッドバス!!手が悴むような寒空の下、釣行に出た甲斐がありました。ヒットリグは、もちろんフロリダリグです(^-^!)

 
 今週末の車の中には…すでに、タックルが積んでありました。彼らは、先週末から、再び活躍の日々に返り咲いたのです!!その理由は、12月に入っても、まだまだブラックバス達が元気だからです!!
 
  本日向かったのは、車で30分ほどの小規模野池。非常に山奥にあり、シーズン中でもバサーの姿は全くない秘境野池です。
 
 しかし、野池に到着してみると…先行者が!!まじで…?
 
 怪しがりつつ、怪しがられつつ、近づいて話しかけてみると…なんと、「マタギ」の方だという。いのししや熊を、罠や猟銃で仕留める方達。
 
 一応、「釣りしててもいいですか?」と尋ねると、「何が釣れるんなら?」と。
 
 「ブラックバスです」。「そうか。この辺にゃ、どこでもおるのぉ」。「そうですね」。「どれぐらいの大きさなら?」。「大きいのだと50cmぐらいですかねぇ」。「ほうそりゃ、でかいのぉ」。「そうですね」。「まっ、頑張れや」。「はい、ありがとうございます」。
 
 そして、私が出撃の準備をしていると…「好きじゃねぇと、できゃせんわな」。そう私に声をかけた後、マタギの方は、山道に消えていきました。
 
 「好きじゃねぇと、できゃせんわな」。
 
 …
 
 確かに。好きだから、バス釣りをするのでしょう。バス釣りが好きだから、この時期でも野池に浮かぶのでしょう。なぜか、とても心地よい感じがしました。
 
 釣行し始めたのは、正午ごろ。今日は、気温が10度を下回っており、水温もそれにほど近く…。水質も落ち葉等の腐食で、少し濁り気味。さすがに今日は、無理かなと思っていたのですが…。
 
 当初は、スピナーベイトとヘビーキャロライナリグを中心に攻め続け…しかし、全く反応は得られず。その後、最近絶好調の「フロリダリグ」に変更…そして、とうとう午後3時半ごろに、アタリが!!
 
 今回のアタリは、「コンッ」という微かにロッドを弾くものでした。しかし、アタリの小ささとは裏腹に、ファイトは壮絶なもの。最高に楽しみました!
 
 現れたのは、先週に続き、45cmUPグッドバス!!ダイエットという概念無しのメタボブラックバスでした。
 
 このような出会いがあるからこそ、この時期でもロッドを振る楽しみが尽きないのでしょう。
 
 そして、ブラックバスとの出会い以外の、素敵な出会いもある。そんな、野池ブラックバス釣行が、やっぱり大好きです。
 
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

2007年12月01日

12月バス釣行!!小雨の中、良型2匹をキャッチ!!

20071201-1.JPG20071201-2.JPG20071201-3.JPG20071201-4.JPG
20071201-5.JPG20071201-6.JPG20071201-7.JPG20071201-8.JPG


 小雨の降る12月1日。向かった先は…野池です。バスフィッシングに行ってきました(^-^!)…もう、呆れている方も多いでしょう。でも!!45cmUPをキャッチ!!初冬バスも元気でした!!

 
 昨夜急遽、実家に帰省。そして、本日は、特にやることがありませんでした。朝食中、家族との会話で、昨夜の天候の話題が…。
 
 「昨日は、とてもいい天気で、暖かかった」というもの。
 
 …
 
 いやいや、もうロッドは倉庫の中。本日の天気予報も雨マークで、降水確率50%。最高気温10℃。まさか、もうあり得まい…。
 
 …
 
 正午頃、ロッドを手に、野池へ向かってしまいました。悩みに悩み、自重しようと努めたのですが(^-^!)
 

 到着してみると、極めて穏やかな天候でした。しかし、1時間ほどすると、雨が降り出すというコンディション。水温も15℃前後。完っ全に、マルボウズ覚悟だったのですが…!!
 
 45cmUPと40cmUPの良型2本という、この季節としては、大満足の結果となりました!!

 
 どちらも、ヤマセンコー&フロリダリグでのキャッチ。ロッドからでは感じ取れない、極弱アタリを拾い上げていきました。
 

 特に、45cmUPのバイトを拾えたのは、ラインの動きのみから。ロッドを持つ手の動きは止め、リトリーブだけのアクション中でした。
 
 リールを巻く。ラインが張り、弛む。巻く、張る、弛む。天候が崩れだした頃、その繰り返しの中で、ラインの緩みが一瞬だけ不自然なリズムを刻みました。…ロッドでの感覚は全くありませんでしたが、すぐにバイトだと分かりました。

 
 バスを手にした瞬間は、思わず、吠えてしまいました!!寒空の下、野池に浮かぶバスアホ。
 
 その後も、同じようなシチュエーションで、40cmUP(43cm)をキャッチ。最高でした!
 
 最後は、バス、フィールド全てへ、一年間の感謝を込めて、多めにゴミ拾い。そして、寒さに震えながら、帰路に着きました。
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2007年11月24日

城崎温泉釣行!?MAX15cmを筆頭に6匹キャッチ!!

20071124-1.jpg20071124-2.jpg20071124-3.jpg20071124-4.jpg
20071124-5.jpg20071124-6.jpg20071124-7.jpg20071124-8.jpg


 昨日(23日)、兵庫県の城崎温泉へ出掛けました!まず、向かったのは、城崎マリンワールド(水族館)。いつも手にする数十cmのブラックバスとは、まったく種類もサイズも異なる、様々な種類の魚達を見て楽しみました!


 巨大な水槽、巨大な海水魚達…まったく飽きません。ブラックバスだけではありません。全ての魚、最高です。いつか、釣ってみたいジャイアントトレバリー、巨大クエ…観光に来たはずが、その雄大な姿から、釣りへの意欲を掻き立てられてしまいました。

 
 そして、テンションの高いまま、通りがかったあるコーナー…その看板は、「Fishing」!!釣り堀です。
 
 ここまで来て、ロッドは手にしない。いや、アジ達が呼んでる。…悩んだ結果、小エビを針に、通し刺しにしていました。もちろん、本気でやります!!
 
 ハリスが切れたら終了。ということで慎重に、慎重に。しかし、20cmぐらいのアジがヒットしたところで、すぐにラインブレイク。それでも、MAX15cmを筆頭に計6匹をキャッチすることができました!
 
 その後は、近くのカフェで、釣ったアジ達をフライにしてもらいました!最高においしかったです!!
 
 そして、水族館の後は、城崎温泉へ向かいました。多くの観光客とともに、その風情豊かな景観を満喫!足湯やお土産物屋を巡り、帰路に着きました。
 
 結局、釣りをしてしまった、今週末。明日は仕事です…。
 
 しかし、しっかりと勉強もできました!水族館では、魚の姿を楽しむだけではなく、魚の行動を中心に、その習性や特徴を見て勉強!!釣りやルアー作りのヒントを、たくさん仕入れることができました。
 
 来シーズンが、さらに待ち遠しくなりました!!
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2007年11月17日

今シーズン初釣行(笑)!!&45cmUP(47cm)極上バスキャッチ!!

20071117-1.JPG20071117-2.JPG20071117-5.JPG20071117-6.JPG20071117-7.JPG20071117-8.JPG20071117-4.JPG20071117-3.JPG


 先週末にシーズンを終え、早くも本日、今シーズン初釣行に行ってきました(笑)!!紅葉も始まりつつ、風も冷たい中、なんとかバスをキャッチ!!しかもサイズは、今シーズン初の45cmUP(47cm)。大満足のシーズン開明けとなりました!!

 
 と、出だし好調ですが…もう末期でしょう。先週、「最終釣行」と銘打ったばかりなのに。
 
 本日、タックル類を実家に持ち帰るため、そして、冬のアイテムを手に入れるため、帰省したのですが…。実家近くには、いい野池がたくさんあります。天気は、気持ちいい秋晴れです。他のバサーもこの季節は、行動を控えるでしょう。
 
 結果…野池に浮かんでいました。フル装備で。もちろん、ビッグベイトも携え。
 
 野池(実家近くの超メジャー野池)に到着したのは、12時ごろ。日差しの角度は低く、周りの山々は冬の準備をしている様子。もちろん他のバサーの姿はありませんでした。 
 
 当初は、心残りがないようにと、ビッグベイトやプラグ類を打っていたのですが、すぐに路線変更。底を丁寧に攻めることに。リーダー系のリグで、丹念に、丹念に探っていきました。
 
 しかし、全く、まーったく反応はなし。風も落ち着き、ロッドに全神経を集中できるコンディションだったのですが、求める感覚の現れる気配は全くありませんでした。気持ちいい秋晴れの下、のんびりと時間だけが過ぎていきました。
 
 そして、陽の色がオレンジに変わりかけた頃。カットテールをセットした「フロリダリグ」で、5mほどの水深を探っていると…ラインを触るような、微かなアタリが!!
 
 思いっきり、ロッドを立てると…!!リグの座標は全く変わらないのに、グッグッという心地よい感覚が伝わってきました。すぐに、「ナイスサイズ!!」と分かる重み。自身でも、最高のアワセだったと自負できるほど、気持ちよかったです。そして、最高のファイトを楽しみました!
 
 現れたのは、冬に向け、メタボ全開のナイスメターボバス!!
 
 もう、心残りはありません。今シーズンは最高でした!!…いやいや、今シーズン、最高の幕開けです!!
ただし、次回の釣行は3ヶ月ほど先になるでしょうが…。
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ

2007年11月14日

自作ビッグベイト量産状況報告!!

20071114-2.JPG20071114-3.JPG20071114-4.JPG


 現在、来シーズンに向けて、ビッグベイトを量産しています!!様々なタイプ、サイズ、いろいろ試行錯誤しながら、自作を楽しんでいます。

 
 今シーズンでは、ビッグベイトの威力に魅了され、必須アイテムとなってしまいました!しかも、自作。一つを仕上げるのに、短くとも1週間はかかってしまいますが、その見返りは十分すぎるもの。
 
 自分で作ったルアーでバスがヒットする。これほど最高の趣味はありません。私は、幸せです。
 
 しかし、新たなブラックバスとの出会いへの意欲は衰えることはありません。しっかりと準備をし、来年に備えたいと思っています。
 
 ルアーを自作するにあたって、今シーズン得た教訓は、まず「ウェイト」の調整が重要ということ。特に、ウッド素材では、その浮力に驚きました!ノーウェイトという無謀な作り方をしてしまった私は、強く反省することになりました。軽さと強度を保ちつつ、ビッグベイトの背中が水面に接するような、微妙なウェイト調整を、今後研究していきたいと思っています。
 
 また、ルアーの動きにも、驚かされることになりました。今シーズン作ったものは、全て多関節ジョイントタイプのものでした(今後も同じ)。そのパーツ一つ一つの形態が少しでも異なれば、アクションが異なってくることはもちろん、リトリーブにかかる力やルアーが水を撹拌する様子など、全て異なってきます。
 
 どの形態がよいのか、どの大きさがよいのか、まだまだ試行段階ですが、徐々に完成系を見出していきたいと思います!!
 
 とにかく、この冬!作りまくります!!
 
posted by basstank管理人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ